LOG IN

気を使わせる

by SUSU Ikkyu Nakajima

先日、学生時代の友達にラインで
「人に気を使いすぎてしまう」と言う悩みの相談をされました。
気を使ってしまう、っていう悩みを持った人はまわりにも結構居るけど
その友達が「気を使っている」時、に同じ空間に居た事もあるし、
気を使ってしまう人であろう人に気を使われた事もある。
何故分かるかと言うと、そう自分で自覚して「人に気を使っている」と言う人程
気を使うのが下手で、結果、人に気を使わせてしまっている事が多い。
本当に気が使える人は、人に気を使わせない人やと思います。

気を使われるがわとしては心からやりたくてやってる事以外やらないでくれと思う。
簡単に言うと「余計な事はするな」
友達の相談を例に挙げると、飲み会や、人間関係について。
例えば、よくある「サラダを取り分ける」
やった方が良いのか、悪いのか
悩んだらやめとけ。とおもう。

取り分けるのが生き甲斐ならやれば良い。
楽しそうに取り分けてくれるなら人に好かれると思う。
ちなみに私は取り分けるのも取り分けられるのも苦手な方である。
食べたいものや量は人それぞれやし、
均等によそって、小食の人が残したら勿体ないし、
食べ物を粗末にしたくない。
残しちゃ悪い、と思って食べられるのも誰も得しない。
本当はもっと食べたい人が、もっと食べたい。。
たのもうかな。。。気、使うな。。。
と思いながら過ごす時間も、その場の楽しい空気が知らず知らす濁されるから勿体ないと思う。

そんな私は気を使うのがめちゃくちゃ下手なのですが
10代の頃は無駄に気を使っていました。
よかれと思って。
しかし結果、人に気を使われていました。
打ち上げの席では決まって隣に誰も座りませんでした。
面白い話をしないと行けない=話せない
身のある話をしなければ行けない=話せない
皆と同じものを飲まなければ行けない=好きじゃない
次第に自分のまわりには目に見えない暗い闇が。
当時クミコとバンドを組んでいたので、
クミコに「あの時は気使ったわ〜〜〜〜」
といまだによく言われます。
それはそれでミステリアスでよかたでしょう。(ポジティブ)
しかしクミコにはほんまに迷惑かけました。。。。

そしてそれから私は変わりました
はなから気を使わない事にしたのです。言い換えれば、素直になりました。

その代わりに気をつけた事は
嘘をつかない事
これだけです。

気を使う人はまれに、嘘をつきます。
この間も初めての身の席で一緒になった人が
「私本当にtricot好きで〜〜〜」みたいな事をいってくれたのですが
会話の中でメンバーの名前をず〜っと間違えてました。
しかしもちろん彼女に悪気は一切ありません
多少なりとも、その場だけでも、仲良くなりたいと思ってくれていたはずです
会話を弾ませようと、場を盛り上げようとした結果なのでしょう
しかし私はその人に何を話せば良いのかわからなくなりました。

別の飲み会ではバンド好きと言っていた人と会話し、その人は
「tricotの人なん?名前は知ってるけど曲は聞いた事ない!」と正直に言ってくれ
その場でyoutubeを見始めました(これははずい)
どっちがいいかはわかりませんが私は後者との方が会話が弾みました。
どんな人か知らない分、
バンドと関係のない話もたくさんし、結果盛り上がりました。

気を使うというのは便利な言葉です、悪い事じゃないようにきこえるからです

けど、気を使っている人が居ると、まわりも気を使うし
気を使っていない人が居ると、まわりも気を使っていない空気になる事が多いです。
何度会っても、どうしても気を使ってしまう人がいるなら、単純に相性が悪いか、
何か理由があって気を使わないといけない相手なのだと思います。

最近こんな事もありました。
ある会話中に自分の意見を言った時に
「今の意見を否定するわけじゃないんやけど」という前置きをつけてさらに意見をもらいました。
これも、相手には悪気は無く、親切のつもりだったと思います。
でもきっと私は、「否定するわけじゃないんやけど」という前置きなしで意見をもらう時よりも否定されている気になりました。

そもそも、「否定のようなもの」をされる事を宣言されている事になるからです。
その時点でこちらは「何の宣言も無く意見をもらったが結果的には否定された事になった」時よりも
傷ついてしまう気がします。

残念な事にこれが口癖になってしまっている場合もあります。
これだとやっかいで、損をする事も多いだろうなと思いました。
最悪の場合、この丁寧な気遣いが「イヤミ」と捉えられる場合もあるからです。

つまり気を使わずに、普通に否定してくれれば良かったのです。
それが会話です。
やっぱり「余計な事はしない」のがいい。

余計なものは付け足さない方が分かりやすい。
分かりやすいのが一番。素直が一番。

余計に付け足しているものが本当に
「相手を傷つけたくないという気持ち」から なのか考え直すべき。
「自分を守るため」のものじゃないかどうか。

かといって、気を使うのが得意な人はそのまま強みを活かすのが良いと思います
完全な愛されポイントです。
気遣いが出来ている、という自覚はないとおもいますが。。。

私が生涯知り合った中で気を使うのがうますぎる女性が居ました。
そのひとはまさに人に気を使わせない事がうまいのです。
知らないうちにこっちがやりやすくなるようにしてくれていました。
その人を見てるといつも笑顔で、挨拶はハッキリと言う。
ありがとうとごめんなさいをたくさん言ってました。

これはなかなか出来る事じゃないと思います。

先日(キダ)先輩が、打ち上げで「自分に本音が無い」と言ってましたが
私はこれと言った本音がはなせなくても何の問題もないと思います。
思ってもない事を決して言わないのが先輩の良い所。

私は明確に見えてない事や答えが出てない事もべらべら喋る
とりあえず突っ込め!タイプやからむしろ尊敬すべき所です。
これもなかなか直したくても直せません。
でも、この性格のお陰で良かった事もありました。

バンドメンバーと言う血の繋がっていない少人数の家族は
色んなタイプが居た方が特だとおもいます。

そんな色んなタイプの人が集まって長くうまくやって行くには
あの素晴らしい女性の真似をするしかありません。


朝会って初めて交わす挨拶を気持ち良くして一日を始める事
そしてその一日で何があっても、最後は気持ちよく終わる事。
感謝すべき時にちゃんとありがとうと言えて
迷惑をかけてしまったらごめんとはっきり言えたら

きっとうまくいく。

本音で語るよりも素直になる勇気が先じゃないとただの頑固になってしまう。

親しき仲にも礼儀あり、は、親しくてもある程度気を使いましょうじゃなく、
どんなに親しくなっても素直な言葉や態度を使う事!としたいと思います。


で、えーと


これ何の話ですかね?




SUSU Ikkyu Nakajima
OTHER SNAPS